読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本州最東端の街宮古の小さな牛乳屋のつぶやきブログ

牛乳屋のことだけのブログにします。お客様との会話なども入れますのでコメントを下さい。愚痴が多いかも・・特に端っこの牛乳屋さんお友達に為りましょう。県の端や岬の端の方

新製品のヨーグルトが発売とか?

 

宅配新製品のヨーグルトが発売の説明会の案内が来た。

製品のコンセプト、販売施策等々の説明があるらしい。

案内状を見る限り、現在販売している物と同じ素材を使用している物らしい。

中に入る菌の配分割合が異なる位しか変わり様が無い気がする。

それに、9月28日開催。

乳業さん、販売店では月で一番忙しい時期なのよ。分かってますよね。

一番大事な集金を止めてまで行けません。

同じ日時に集金に行っておりますので、お客様も時間を開けて待っていて呉れています。 

これが信頼関係を築く重要な基板になるのです。こういう小さな積み重ねが積り積もって「家の牛乳屋さん」と呼ばれる事になるのです。

キャンペーン等で一週間無料とか、何ヶ月契約して貰えれば何かサービス致します。こういうやり方が乳業さんではお好きですね。

今迄で、かなりのデーターの蓄積があると思いますが、どの程度の確率で生涯顧客として定着しておるのでしょうか?

凄く、興味があります。是非開示してください。

これからの拡売方法の参考にしたいです。

今迄、私共の所ではこの方法で顧客になった方は100%近い確率でキャンペーン条件が終わると解約になります。私共の対応がまずいのか・・・・・・・・

何方か、良い知恵がありましたらご教授下さい。

サンプル位は販売店持ちで良しとしましても、プレゼント等景品を付けるのも全て販売店持ちというのは販売店の意欲を高揚させますかね。

嫌ならやらなければ良いと言われそうです。

キャンペーン用のチラシの枚数の注文の書面が来ずに、現在の宅配件数の数位だけ送り込まれてきただけです。

追加注文の受けつけがあるのかどうかもわかりません。

どうせ全国規模で行うキャンペーンなら営業所単位は無理としても支店単位で販売店と話し合い、地域独自のキャンペーンの仕方を考えられないものでしょうか・・・

首都圏でのデーターからのキャンペーン方法でしょうから、地域独自の特性を勘案すべきでは・・・・・・

協会長さん、こちらから提案出来ませんか?

無理!!ムリ!!でしょうね。

三人寄れば文殊の知恵と言うじゃないですか、下手な考え休むに似たりとも言うか・・・・